60代の貯金

  •   14, 2018 14:41
  •  0

平均額は?

退職金 

退職金はほとんどの人にとって、
最後の手にする大金だ。
どんなに大切にしても、大切にしすぎることはない。


心地良く、幸福な老後を過ごすためには、まず「健康・生きがい・経済」の

3つの条件が揃っていなければならない。

「お金がなくても心が豊かならば・・・・・」と

言いたいところだが、現実は甘くなく、高齢になってもお金はひつようです。

さらに、60代・70代・80代と年齢が上がるにつれて、医療費や介護費用

なども発生してくるから、ある程度の蓄えは用意しておかなければならない。



金融広報委員会の「家計の金融行動に関する世論調査によると、50代では29.1%

60代では23.4%が貯蓄はない」と答えている。

同じ調査で高齢夫婦無職世帯(年金暮らし)の実態を見ると、1ヶ月の支出は27万円

実収入は22万円で、毎月5万円程度の赤字という家庭が多いそうだ。

この、不足分は、老後のために蓄えた分から捻出することになる。


退職金がない企業もあるが、多くの場合、退職金は人生の最後に手にする大金。

大事に、大事にと考えるくらいがちょうどいいだろう。

よく、「退職金が入ったら・・・・・」

と、夢をふくらませ、つい、あれもこれもと使い道ばかり考えてしまいがちだが、

長い老後を支える大きな資金と考えると、気前よく使うのは考えものです。

たとえば子供の住宅資金の頭金を出してしまうなどは、気持ちはわかるが

よくよく慎重に考えてからにすべきだと、苦言を言われたのを思い出す。

人生100年時代、どう生きるかです。


最後に… 
今回の記事を読んで頂きありがとうございました。

まずは応援も兼ねて
クリックしてみてください
関連記事

0 Comment

Post a comment