小さな仕事

  •   17, 2018 14:26
  •  0


小さくてすぐに出来る仕事はさっさっと片付けること


images (1)sigoto 

ウジウジと悩みを持ち続け、心の中にゴミがたまっている人は、小さいことも面倒くさがって

後回しにする傾向が強いほうだ。


「20日までに自動車税を振り込まなくてはいけないけど、面倒くさい・・・」

「同窓会の出欠の連絡をしないと・・・」

「そういえば、課長に資料整理を頼まれていたんだ・・・」

「トイレットペーパーがなくなりそうだから、そろそろ買わないと・・・

「冷蔵庫の隅に賞味期限が切れた豆腐があったな・・・」

あげれば、きりがない。

やらなくてはならないことを、いくつも抱えながら、手をつけない、

ひとつひとつを考えれば優越になるほどのことでもないのに、そのうちにやろう

と先送りし、仕事をためてしまうから、どれもやりたくなくなるのである。

これを読まれている皆さんも、心当たりはないでしょうか?


とりあえず、ひとつ、ふたつでもすぐに片付けてしまうこと。

そのひとつ、ふたつを片付ける事が、今抱えているもっと優越な問題から

解放されることにつながる。



こういうときというのは、大きな問題で手強い感じがするから

グズグズしているのではない。

ほかにも、ちいさいけれどもやるべき問題を抱えているから、何かと気が重く

なっているもの。

で、その部分を解放できれば、気分が軽くなり、本当に手強い問題にも精力的に

向き合えることができる。

小さいことでも、ひとつ片づければ「よし、終わった」という充実感や達成感

も味わえる。

生活や仕事の節目もでき、気分もしゃっきとする。


また、途切れ途切れだった思考回路が、ピンっとつながる感じだ。

「面倒だあ」と思っていることでも、一歩進めば大丈夫。

エンジンが温まってくれば、それまでの苦しみから離れ、それこそ苦もなく

できることがたくさんある。


images (1)kotukotu 

「小さいことからコツコツと」と、言葉にあるように

小さな面倒なことを解決していきましょう。

「まあ、後回しでいいや」と、先送りするのではなく、

小さなことこそ、早い機会にすませてしまうこと。

この習慣が、心のなかにゴミためをつくらずに、晴れやかな

気分をつくるコツではなかろうか。

最後に… 
今回の記事を読んで頂きありがとうございました。

まずは応援も兼ねて
クリックしてみてください

関連記事

0 Comment

Post a comment