眠たい朝

  •   27, 2018 18:16
  •  2


一瞬で快適に寝覚める?


th目覚め

毎朝、出来るなら朝は一分でも、1秒でも長く布団にくるまっていたいもの。

それは誰でも思う気持ちだ。

けれど、それを許してくれないのが現代社会。

朝はこなさなければならないスケジュールが目白押しだ。

惰眠をむさぼっているヒマはありません。

では、

どうすれば、睡魔を断ち切ってベットから抜け出すことができるのでしょう。


実は、私もやっていますが、

簡単な方法です。


それは、 「手を叩けばいいのです」


手は第二の脳といわれています。

全身の表面積では、手が占める割合は10分の1もないでしょう。


でも、その手と指をコントロールするために使われている大脳の領域は

運動の約3倍分の1、間隔野の4分1を占めるといいます。


それだけ手と指は、脳と広範囲に直結しているのです。

だから、針の穴を通すといった繊細な作業をいとも簡単にこなす

ことができるのです。

なので、手を叩けば、それだけ脳に刺激を与えることができるのです。


まどろみの状態にある脳を覚醒させることができるということ。

手を叩くことぐらいなら布団の中でもできます。

そして、手を叩いたら、自分の鼓舞する意味で「さあ、これで目がさめたぞ」と

声を出してみてください。


ここで肝心なのが、「目がされるぞ」ではなく「目が覚めたぞ」と

完了形にすることが大事です。

なぜなら、脳を「目が覚めた」と錯覚させるためです。


脳は実は結構いい加減なところがあって、現実と想像があまり区別できないようです。

簡単に「覚めた」と誤解してしまうからだそうです。

なかなか布団から離れられない方は、是非一度おためし下さい。

最後に… 

今回の記事を読んで頂きありがとうございました。


関連記事

2 Comment

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2018/07/29 (Sun) 09:25 | EDIT | REPLY |   

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2018/07/31 (Tue) 11:29 | EDIT | REPLY |   

Post a comment