原稿用紙の正しい書き方9つ

  •   31, 2018 14:33
  •  0

これ、ぜんぶ知ってますか?



images (1)原稿用紙 


原稿用紙の基本的な使い方

日常的に原稿用紙に触れる機会が極端に減った今、「原稿用紙の書き方がわからない」という人が少なくありません。そこで、ごく基本的な原稿用紙の使い方について。



【原稿用紙の正しい表記ルール】

(1)段落の冒頭は1字空けて書き始める


(2)改行して新しい段落に入った場合も、1字空ける


(3)行の一番上のマスに 、 。 」 などは入れない。1行前の行末マスの文字に重ねて入れる


(4)「っ」「ゃ」「ゅ」「ょ」「ー」などは、行の一番上のマスにあってもよい


(5)横書きの原稿用紙に数字を書く場合、1マスに2つずつ数字を入れる


(6)アルファベットを記入する際は、大文字は1マス1文字、小文字は1マス2文字が原則


(7)縦書きで数字を書く際は、漢字が原則。ただし、西暦表記は「千九百九十年」と書くと読みにくいので、「一九九〇年」と書く。それ以外は「百三十個」のように表記する


(8)英語のアルファベットを縦書きする場合は、1マスに1文字ずつ書く


(9)縦書きで、英語の長い綴りや複数の単語を並べる場合は、その部分だけを横書きにして書く




大学の論文を思い出す。

最後に… 
今回の記事を読んで頂きありがとうございました。

関連記事

0 Comment

Post a comment